キャリアに効く転職の教科書

転職エージェントを活用して理想的な転職を実現!

キャリア・転職 英語

【実態はどうなの?】英語力がなくても中途採用で外資系企業に入れるのかが知りたい!

投稿日:

日本では外資系企業に対して「社内ではフラットな関係」や「英語は必須」といったようにイメージがあるように感じます。

外資系企業に転職するには英語は必要?と不安を持っている方もいらっしゃると思いますが、実際のところどうなのでしょうか?

今回は、外資系企業が社員に求める英語のレベルについて考えていきたいと思います。

外資系企業でも英語力不要という企業もある

さて、まず外資系企業とは何か?という事を簡単に理解するところから始めましょう。

一般的には外国に本社がある海外企業の日本支社という表現だとわかりやすいでしょうか?

海外企業が日本支社を設立するメリットは何かと考えてみると、現地に営業やカスタマーサポートの拠点があると細やかな対応がしやすいという事が挙げられます。

例えば、P&Gで考えてみると全体の本社はアメリカにあって、アジア地域の統括がシンガポール、そして日本支社があるという形になっています。

一括りに外資系企業と言っても基本的に日本のお客様対応がメインで英語を使わない社員も多く存在しているという事がわかります。

その為、企業別に必要な英語力の条件は異なってきますし、外資系企業への転職活動と言っても一概に高い英語力を求められるかというと、そうでもない事がおわかりいただけるかと思います。

英語が昇進条件の外資系企業もある

ただ、日系企業よりはもちろん英語に触れる機会が多くなりがちなのは事実としてあります。

例えば企業内で使うツールが本国のものと統一されていて英語で作られているというものがあったり、本国から送られてくる社内報が英語で届くケースもあります。

また、先程のP&Gの例で見てみると、日本支社でもマネジメント層になってくるとアジア統括のあるシンガポールオフィスとやりとりしたり、アメリカ本社と英語でコミュニケーションをとらなければいけない場面も増えてきます。

その為、スタッフ時代は英語を使わず仕事の評価だけで昇進していった人でも、マネジメント層になってくると当たり前のように英語力が求められて英語に苦戦する人もでてきます。

最近では日系企業でも楽天やユニクロが採用条件にTOEIC800点以上というように、ある程度の英語力を求めるようになってきましたよね。

楽天の三木谷さんが言っていて非常に印象的だったのは「社内公用語を日本語から英語に変えると、優秀な外国人人材が確保できて結果的に採用力の向上に繋がった」という事です。

いくら仕事ができる英語ができない日本人社員よりも、英語ができる日本人や外国人を社員として採用した方が、企業としてもメリットが大きい時代になってきたという事も言えるかと思います。

英語を使う外資系企業で働きたい

外資系企業でも企業によって仕事で英語を使うかどうかというのは全然異なってきますし、せっかく外資系企業で英語を使って仕事ができると思って転職したけど英語を使う機会がないという方も多くいらっしゃいます。

転職してから相違があって後悔しないようにする為にも、必ず事前に転職エージェントに確認する事をオススメしています。

一方で、米系企業の日本支社で働いている方に話を聞いていると、フタッフ・シニアレベルでも米国本社と英語でテレカンがあったり、研修プログラムがあって米国本社で働く機会を得られるという企業もあったりします。

英語力を上達させる為には、やはり仕事で必要に駆られて習得するというのが一番効果的なので、やはり環境というのは非常な要素になります。

外資系企業へ転職のお考えの方は、必ず外資系企業に強い転職エージェントの利用をオススメします。

【1.5倍の年収アップ事例も?!】外資系企業へ転職する際に使うべき3つのオススメ転職サイト

最近は日系企業から外資系企業へ転職する方も増えていますし、外資系企業で働くと年収アップでオファーをもらえたり優秀な同僚と働けたりと様々なメリットを聞きます。 実際に外資系企業へ転職を成功されている方々 ...

続きを見る

まとめ

働き方が変化する中で、やはり英語が使えると幅が広がりますし、単純に日本だけを働く場所として考えなくてもよくなります。

そういった事を考えると日系企業で国内だけの仕事をやるのもいいですが、外資系企業でボーダレスな仕事に携わるのも、また非常にエキサイティングな経験になって面白いですね。

外資系企業に転職したいビジネスパーソンで英語力に不安がある方は、毎日オンライン英会話をやって事前に対策しましょう。

【オススメのオンライン英会話を徹底比較】社会人のビジネス英語の為のスカイプ英会話はこれだ

社会人の方で「キャリアアップの為にビジネス英会話ができるようになりたい」や「英語ができれば仕事の幅が増える」と思っていらっしゃる方も多いと思います。 その為にオンライン英会話を利用される方が多いわけで ...

続きを見る

外資系企業の中途採用で英語力を求める企業・求めない企業がありますが、事前にしっかりキャリアドバイザーと話し合ってベストな環境を選択できるようにしていきましょうね。Good luck!

管理人も実際に使っているオススメの転職サービス

年収600万円以上のハイクラス転職を実現

国内外の優良企業や一流企業から直接スカウトが届く国内最大級のハイクラス向け転職サイト。年収600万円以上の求人が多く、世の中には出ていない非公開求人も豊富です。よりエキサイティングな仕事をしたいという方にはうってつけの転職サイトとなり、グローバル人材への可能性を広げる事ができるでしょう。

業界最大手の安心感で力強く転職サポート

業界最大手で転職成功実績No.1を誇るリクルートエージェント。10万件以上の圧倒的な求人数と、リクルートグループの中でも特に優秀とされる経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたの転職活動を個別にサポートします。提出書類の添削や、面接対策などサポートも充実していて是非利用したい転職エージェントの一つです。

あなたのグローバルキャリアを成功に導く

英国発の転職エージェントとして外資・海外・グローバル転職サポートに圧倒的な強みを持つJACリクルートメント。日本以外に、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、韓国、香港、ベトナム、インド、英国でのグローバルネットワークと業界・業種別のスペシャリストなコンサルタントがあなた強力にサポートします。

-キャリア・転職, 英語

Copyright© キャリアに効く転職の教科書 , 2020 All Rights Reserved.